侍ジャパンMVP 西武・外崎を覚醒させた“練習改革”の中身

公開日:  更新日:

 連夜のヒーローとなった。19日、アジアプロ野球チャンピオンシップ決勝(韓国戦)で、西武の外崎修汰(24)が3打数2安打、2打点で勝利に貢献。前日の台湾戦も5打数3安打、2打点、1本塁打と活躍し、今大会のMVPを獲得した。

「両親は今(リンゴの収穫で)忙しい時期だけど、仕事の合間に応援してくれていると思います」

 試合後、こう言って球場を沸かせた外崎は青森出身の3年目。1、2年目はいずれも打率1割台だったが、今年から指揮を執る辻監督に安定した守備と走塁を評価され、135試合に出場。2割5分8厘、23盗塁と、打つ方でもキャリアハイの成績をおさめた。

 昨年までは試合前の打撃練習もただ振り回すだけだったが、今春から状況に応じたケース打撃を重視。実戦を想定した練習に変えたことで、バットコントロールが向上した。

 富士大(岩手)出身の同僚で、先輩である山川も「不器用だけど、最近はフリーで右に打つ意識を持って打席に立ったり、一生懸命、自分の中の課題を確実にクリアしていく」と、その成長ぶりに目を細めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る