「天空海」は何と読む? 角界に“キラキラネーム”急増中

公開日:  更新日:

 また、人気力士だった元関脇・寺尾が師匠を務める錣山部屋も個性豊かなしこ名が並ぶ。十両の阿炎、三段目の聖冴などだ。

 他の部屋も負けてはいない。境川部屋の謙信、武蔵川部屋の海舟は“偉人”のあやかり系で、高田川部屋の湘南乃海もどこかで聞いたような……。宙風も、おそらくTOKIOのヒット曲「宙船」を意識したに違いない。

 さらに、千賀ノ浦部屋の鰤乃里や山響部屋の天一はユニーク系か。

 一方、錦戸部屋の極芯道や立浪部屋の羅王など見るからに強そうなしこ名もある。ただ、どちらも目がクリッとしたかわいらしい顔だ。

■しこ名の答え■

1.いろどり
2.あおぞら
3.あおい
4.ひかるげんじ
5.ふらんしす
6.もりうらら
7.ちゅら
8.うるとら
9.あまね
10.せいと

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る