• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

加害者意識なき日馬富士 それでも持ち上げるメディアの愚

 いやはや、反省どころか、今でも何が悪かったのか理解していないのだろう。29日、福岡・太宰府市で開かれた横綱日馬富士の引退会見。日馬富士は「貴ノ岩関にけがを負わせたことに対し、お詫びをさせていただきます」と頭を下げたが、ブン殴った理由について「弟弟子が礼儀と礼節がなっていないということに、それをただし、直し、教えてあげるのが先輩としての義務だと思っている」などと、居直りとも受け取れる発言をしたから驚いた。

 それにしても酷い会見だった。師匠の伊勢ケ浜親方は冒頭、「私は日馬富士を16歳という少年のころから見てきていますが、稽古、稽古で精進したのみならず、いろんな勉強もし、難病救済など社会貢献も行う珍しいタイプのお相撲さんだと思っていました」などと涙ながらに語ったが、その後は終始、隣の席で仏頂面。記者の質問に対し「おい、あんなの答えなくていいぞ。ほっとけ」と日馬富士に耳打ちするなど逆ギレする始末だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る