会見で礼節強調 日馬富士が師匠の“引退勧告”を拒否した夜

公開日:  更新日:

 自ら17年間の土俵人生に幕を下ろした横綱日馬富士(33)は「このことがマスコミの皆さまに知られて、親方と話して、横綱の名前に傷がつかないよう責任を取りたいと親方に話した」と、引退の決断時期は事件が明るみに出た直後だったと話した。

 が、事実は多少、異なる。ある親方が言う。

「ビール瓶で殴打という報道が出た2、3日後、伊勢ケ浜親方(57=元横綱旭富士)が日馬富士に引退を迫ったと聞いています。しかし、その時点で日馬富士は『まだ現役を続けたい』と、引退を拒否。親方は一晩かけて説得したが、日馬富士は『それだけは……』とクビを縦に振らなかったようです」

 伊勢ケ浜親方は会見でも、「よその部屋の関取に指導して、それが行き過ぎた。横綱として名を汚したと思う。その責任は取らなければいけない」と話していた。少なくとも、事件が明るみに出た時点で覚悟を決めていたのは親方の方だったというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る