• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4場所連続休場の稀勢 日馬富士事件で“蚊帳の外”に安堵?

 今回の騒動で胸をなで下ろしているのが稀勢の里(31)だろう。

 新横綱として迎えた3月場所は、13日目の日馬富士戦で左肩を負傷しながら左肩にテーピングをして奇跡の逆転優勝。相撲ファンばかりか、日本中を大いに沸かせた。

 ところが、その後は左上腕や左足首などの故障で5月場所から3場所連続休場。再起を懸けて臨んだ先の11月場所は「しっかり準備できた」と言うから「復活優勝」が期待された。

 それが初日に、不戦敗以外の黒星がない玉鷲に押し出されると、9日目までに平幕に5敗。1場所での金星配給ワースト記録を残し、10日目から、「腰部挫傷と左足前距腓靱帯損傷で約1カ月の安静加療を要する」という診断書を提出し、4勝6敗でまたまた休場だ。

 テレビが朝から晩まで大騒ぎしている日馬富士の暴行事件がなければ、マスコミは黙っちゃいない。批判の矛先は、4場所連続5度目の休場となった不甲斐ない横綱へ向けられていたに違いない。27日の横綱審議委員会では、1月場所を待たずに進退問題が議題に上る可能性もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る