貴ノ岩の聴取に応じず…貴乃花親方は何を恐れているのか

公開日:

 暴行事件の被害者で弟子の貴ノ岩(27)の事情聴取を拒否し続けている貴乃花親方(45)にとって、去る11月30日の理事会は針のムシロだったに違いない。

 すでに貴ノ岩の聴取を済ませた鳥取県警は、危機管理委員会の聞き取りを許可している。だから聴取に応じてほしいという協会側の度重なる要請を、これまで貴乃花親方は突っぱねてきた。理事会の最中に県警の担当者と直接電話で話し、協会の聴取を許可している事実を確認してようやく聞き取りに応じることになった。それでも加害者である日馬富士の書類送検後という条件付きだ。

「きちんと協力するのが理事としての責任」と高野危機管理委員長が話せば、八角理事長も理事会で報告義務を怠った貴乃花親方の責任を追及する声が上がった事実を認めた。まさに袋叩き状態だった貴乃花親方は、声を荒らげて反論するどころかおとなしくしていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る