• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本は3連敗で1次L敗退も ロシアW杯の対戦国は強者揃い

 2018年ロシアW杯の1次リーグの組み合わせ抽選会が、日本時間2日午前0時から現地ロシア・モスクワのクレムリンで行われ、H組に入った日本は初戦でコロンビアと戦い、続いてセネガル、ポーランドと対戦する。

 日本にとって初戦の相手コロンビアは、4年前の14年ブラジルW杯で煮え湯を飲まされた相手である。1分け1敗と1次リーグ敗退の崖っぷちだった日本は、3戦目のコロンビア戦の前半終了間際に1―1の同点としたが、後半だけで3点を叩き込まれ、1―4の完敗を喫してブラジルを離れることになった。

 攻撃の中心は、日本戦で1ゴールを決めたFWハメス・ロドリゲス。実力は一級品だ。前回大会をケガで欠場したFWファルカオは、所属するモナコで好調をキープしている。日本の対コロンビア戦は通算1分け2敗だ。

 2戦目の相手セネガルは02年日韓W杯で初出場。開幕戦で98年W杯の覇者フランスを倒し、ベスト8に進出して世界に衝撃を与えた。2回目の桧舞台であるロシアでも、もちろん日韓大会の再現を狙っている。カギを握るのが、自慢の強力アタッカー陣である。欧州の強豪クラブでゴールを量産しているソウ、マネ、ケイタの破壊力は、W杯優勝歴のあるサッカー強国と比べても見劣りしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

もっと見る