日本は3連敗で1次L敗退も ロシアW杯の対戦国は強者揃い

公開日: 更新日:

 2018年ロシアW杯の1次リーグの組み合わせ抽選会が、日本時間2日午前0時から現地ロシア・モスクワのクレムリンで行われ、H組に入った日本は初戦でコロンビアと戦い、続いてセネガル、ポーランドと対戦する。

 日本にとって初戦の相手コロンビアは、4年前の14年ブラジルW杯で煮え湯を飲まされた相手である。1分け1敗と1次リーグ敗退の崖っぷちだった日本は、3戦目のコロンビア戦の前半終了間際に1―1の同点としたが、後半だけで3点を叩き込まれ、1―4の完敗を喫してブラジルを離れることになった。

 攻撃の中心は、日本戦で1ゴールを決めたFWハメス・ロドリゲス。実力は一級品だ。前回大会をケガで欠場したFWファルカオは、所属するモナコで好調をキープしている。日本の対コロンビア戦は通算1分け2敗だ。

 2戦目の相手セネガルは02年日韓W杯で初出場。開幕戦で98年W杯の覇者フランスを倒し、ベスト8に進出して世界に衝撃を与えた。2回目の桧舞台であるロシアでも、もちろん日韓大会の再現を狙っている。カギを握るのが、自慢の強力アタッカー陣である。欧州の強豪クラブでゴールを量産しているソウ、マネ、ケイタの破壊力は、W杯優勝歴のあるサッカー強国と比べても見劣りしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る