日本は3連敗で1次L敗退も ロシアW杯の対戦国は強者揃い

公開日:  更新日:

 2018年ロシアW杯の1次リーグの組み合わせ抽選会が、日本時間2日午前0時から現地ロシア・モスクワのクレムリンで行われ、H組に入った日本は初戦でコロンビアと戦い、続いてセネガル、ポーランドと対戦する。

 日本にとって初戦の相手コロンビアは、4年前の14年ブラジルW杯で煮え湯を飲まされた相手である。1分け1敗と1次リーグ敗退の崖っぷちだった日本は、3戦目のコロンビア戦の前半終了間際に1―1の同点としたが、後半だけで3点を叩き込まれ、1―4の完敗を喫してブラジルを離れることになった。

 攻撃の中心は、日本戦で1ゴールを決めたFWハメス・ロドリゲス。実力は一級品だ。前回大会をケガで欠場したFWファルカオは、所属するモナコで好調をキープしている。日本の対コロンビア戦は通算1分け2敗だ。

 2戦目の相手セネガルは02年日韓W杯で初出場。開幕戦で98年W杯の覇者フランスを倒し、ベスト8に進出して世界に衝撃を与えた。2回目の桧舞台であるロシアでも、もちろん日韓大会の再現を狙っている。カギを握るのが、自慢の強力アタッカー陣である。欧州の強豪クラブでゴールを量産しているソウ、マネ、ケイタの破壊力は、W杯優勝歴のあるサッカー強国と比べても見劣りしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る