ベルギーに惜敗で欧州遠征2連敗 “指揮官”ハリルに疑問符

公開日: 更新日:

 欧州遠征の初戦ブラジル代表戦(10日)が1―3の完敗に終わったハリルホジッチ日本代表。リールからベルギーに移動して14日、ベルギー代表と対戦した(日本時間15日早朝キックオフ)。

 世界ランク5位の強豪ベルギー代表のストロングポイントは、間違いなく「攻撃力」である。

 18年ロシアW杯の欧州予選では、H組を9勝1分けと無敗で1位突破を決め、10試合で奪ったゴールは43を数える(失点6)。そんな超攻撃的なチームを相手に「日本守備陣がどこまでしぶとく守れるか?」。ブラジル戦を含め、これが欧州遠征のテーマでもある。

 日本は試合開始と同時に前線から果敢にプレスをかけ、アンカーの山口蛍(27=C大阪)、インサイドMFの井手口陽介(21=G大阪)と長沢和輝(25=浦和)が、左右両SBと連係を取りながら、相手選手を挟み込むなどしてベルギーの攻撃の芽を摘んでいった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る