ベルギーに惜敗で欧州遠征2連敗 “指揮官”ハリルに疑問符

公開日:  更新日:

 欧州遠征の初戦ブラジル代表戦(10日)が1―3の完敗に終わったハリルホジッチ日本代表。リールからベルギーに移動して14日、ベルギー代表と対戦した(日本時間15日早朝キックオフ)。

 世界ランク5位の強豪ベルギー代表のストロングポイントは、間違いなく「攻撃力」である。

 18年ロシアW杯の欧州予選では、H組を9勝1分けと無敗で1位突破を決め、10試合で奪ったゴールは43を数える(失点6)。そんな超攻撃的なチームを相手に「日本守備陣がどこまでしぶとく守れるか?」。ブラジル戦を含め、これが欧州遠征のテーマでもある。

 日本は試合開始と同時に前線から果敢にプレスをかけ、アンカーの山口蛍(27=C大阪)、インサイドMFの井手口陽介(21=G大阪)と長沢和輝(25=浦和)が、左右両SBと連係を取りながら、相手選手を挟み込むなどしてベルギーの攻撃の芽を摘んでいった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る