聴取に応じず着信も拒否 貴乃花親方が貴ノ岩を追い詰める

公開日:

 暴行事件の被害者である貴ノ岩(27)は、依然として行方をくらましたまま。協会執行部すら居所をつかめず、巡業を休む際に義務付けられている診断書もいまだ提出していない。

 ケガが完治していないのか、それとも師匠である貴乃花親方(45)に“軟禁”されて精神的にマイっているのか。いずれにせよ体調が悪いといわれるが、ピンピンしているにもかかわらず、いまだ危機管理委員会の聴取に頑として応じない人物がいることが分かった。

 だれあろう、これまで弟子の聴取をかたくなに拒否してきた貴乃花親方自身だ。ある親方がこう言った。

「危機管理委員会が貴乃花親方に聴取を求めても、拒否しますの一点張り。貴ノ岩本人の聴取が難しいのであれば、せめて弟子の言動を熟知しているはずの親方を聴取し、できるだけ正確な事実関係を把握したい。そう思って危機管理委員会は貴乃花親方自身にも協力を仰いでいるのですが、それにも応じられないと言っているようです。とにかく鳥取県警の調査がすべて終わるまでは貴ノ岩ともども話せないという意思表示でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る