貴ノ岩の診断書いまだ未提出 貴乃花親方“自爆テロ”画策か

公開日: 更新日:

「何を考えているのかわからない……」

 ある親方も、こう言ってクビをかしげる。

 3日から始まった大相撲の冬巡業。日馬富士暴行事件の被害者である貴ノ岩(27)が初日から休場しているにもかかわらず、4日の時点でも師匠の貴乃花親方(45)からは何の報告もないという。

 巡業を休場する際は本場所同様、病院の診断書を提出する義務がある。つまりルールだ。巡業は協会の公式行事だけに、理由も明かさず「欠席します」なんて主張が通るはずがない。貴乃花親方に代わって巡業部長代理を務める春日野親方(元関脇栃乃和歌)も、「(診断書の提出は)義務だからね」と困惑しきりだ。

「親方衆の間では、『最後まで出すつもりはないんじゃないか』というウワサまで出ている。理由? とにかく、執行部のやることなすこと、すべて気に食わないんじゃないか」とは冒頭の親方の弁である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  6. 6

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  7. 7

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  8. 8

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  9. 9

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  10. 10

    近本も梅野も…侍Jに一人も選ばれない「阪神の七難」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る