巨人逃した“金の卵” 燕1位・村上宗隆に“清宮並み”の素質

公開日:  更新日:

「捕手にこだわりがないといえばウソになるが、打撃を期待されていると思うので頑張りたい」

 7日に行われたヤクルトの新入団選手発表会。本職の捕手から三塁にコンバートされるドラフト1位の村上宗隆(九州学院)がこう意気込んだ。

 外れ1位として巨人、楽天との競合の末にヤクルトがクジを引き当てた。187センチ、97キロと恵まれた体を持つこの男のウリは高校通算52本塁打をマークした長打力。本人は「三塁は練習試合くらいしかやったことがない」と言うものの、ヤクルトは将来の中軸候補として、育成に時間を要する捕手ではなく、より早い段階での一軍定着を視野に入れている。

 同じ高校生の左打者としては清宮幸太郎(早実=日本ハム1位)や安田尚憲(履正社=ロッテ1位)よりも知名度は劣るが、「巨人が清宮を外した場合、この村上を外れ1位で指名する可能性が高まり、3球団の競合に発展した。長距離砲として清宮に匹敵するくらいの打者になる可能性を秘めているからこそです」(パ球団スカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る