• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人逃した“金の卵” 燕1位・村上宗隆に“清宮並み”の素質

「捕手にこだわりがないといえばウソになるが、打撃を期待されていると思うので頑張りたい」

 7日に行われたヤクルトの新入団選手発表会。本職の捕手から三塁にコンバートされるドラフト1位の村上宗隆(九州学院)がこう意気込んだ。

 外れ1位として巨人、楽天との競合の末にヤクルトがクジを引き当てた。187センチ、97キロと恵まれた体を持つこの男のウリは高校通算52本塁打をマークした長打力。本人は「三塁は練習試合くらいしかやったことがない」と言うものの、ヤクルトは将来の中軸候補として、育成に時間を要する捕手ではなく、より早い段階での一軍定着を視野に入れている。

 同じ高校生の左打者としては清宮幸太郎(早実=日本ハム1位)や安田尚憲(履正社=ロッテ1位)よりも知名度は劣るが、「巨人が清宮を外した場合、この村上を外れ1位で指名する可能性が高まり、3球団の競合に発展した。長距離砲として清宮に匹敵するくらいの打者になる可能性を秘めているからこそです」(パ球団スカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る