野球部員の飲酒で活動停止 仙台育英は不祥事も“超高校級”

公開日: 更新日:

 甲子園の常連校である仙台育英高校(宮城)の野球部員と剣道部員の計8人が仙台市内の飲食店で飲酒・喫煙をしていたことが発覚。うち1人が学校の宿舎に帰る途中、急性アル中のため仙台駅のホームで倒れ、病院に搬送されたという。学校側は6日、野球部、剣道部ともに活動自粛処分とした。

 仙台では地元紙が大々的に報じたことで、「他校によるリーク説」が浮上するなど、大騒ぎになっている。

 仙台育英は春夏通じて甲子園に38度出場、今夏はベスト8に入った。サッカー、ラグビー、陸上などと高校スポーツ界の名門校である一方で、不祥事が目立つ。

 2010年には外国人留学生が殺人未遂事件を起こしたかと思えば、翌11年には野球部員が被災地のリサイクルショップに不法侵入する“窃盗騒ぎ”を起こしている。

 今夏の甲子園の大阪桐蔭戦でも、遊ゴロを打った2番打者が一塁を駆け抜ける際に、相手の一塁手の足を蹴り上げ、「わざとじゃないか」とネット上で大炎上。物議をかもしたばかりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る