何のためのACL制覇? 浦和“世界5位”も選手にボヤキ節蔓延

公開日: 更新日:

 アジア王者としてクラブW杯に出場している浦和が、12日に行われた5位決定戦でアフリカ王者のカサブランカ(モロッコ)と対戦した。

 試合は浦和が常に先手を取る展開。終了間際の失点で1点差に詰め寄られたとはいえ、地力で勝る浦和がDFマウリシオの2発とMF柏木のスライディングシュートで3―2のスコアで逃げ切った。しかし、喜んでいる選手は少なかった。

 というのも、9日の準々決勝でアルジャジーラ(開催国出場枠)に勝っていれば、日本時間14日の準決勝で欧州王者のレアル・マドリードと勝負できたからである。

 選手たちの間では「何のためにACLを制覇したのか?」のボヤキ節が蔓延しているという。うれしくも何ともない世界5位だった――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    キムタクと中居“SMAP言及”に沸くファンと忖度TV局の温度差

もっと見る