北朝鮮に完敗 なでしこジャパンは情けないにも程がある

公開日:

 絶対に負けてはならない相手だった。なでしこジャパンが15日、東アジアE―1選手権の優勝をかけて北朝鮮と対戦。圧倒的な力の差を見せつけられた揚げ句に0―2で完敗した。

 就任2年目の高倉監督は、積極的に若手を起用しながら世代交代を進めてきた。来年4月には19年女子W杯フランス大会の予選を兼ねたアジア杯が行われる。今大会で優勝を飾り、余勢を駆ってアジア杯で「出場枠5位以内」に食い込んでW杯出場! という青写真を描き、北朝鮮戦の前には「世界一に向けたスタートラインとなる試合にしたい」と意気込んでいた。しかし――。

 なでしこは、序盤から田中美南(日テレ)と岩渕真奈(神戸)の2トップにボールを集めようとするが、強靱なフィジカルをベースに運動量、スピードに勝る北朝鮮選手に翻弄され、攻撃の形を作ることもできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  7. 7

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る