北朝鮮に完敗 なでしこジャパンは情けないにも程がある

公開日:

 絶対に負けてはならない相手だった。なでしこジャパンが15日、東アジアE―1選手権の優勝をかけて北朝鮮と対戦。圧倒的な力の差を見せつけられた揚げ句に0―2で完敗した。

 就任2年目の高倉監督は、積極的に若手を起用しながら世代交代を進めてきた。来年4月には19年女子W杯フランス大会の予選を兼ねたアジア杯が行われる。今大会で優勝を飾り、余勢を駆ってアジア杯で「出場枠5位以内」に食い込んでW杯出場! という青写真を描き、北朝鮮戦の前には「世界一に向けたスタートラインとなる試合にしたい」と意気込んでいた。しかし――。

 なでしこは、序盤から田中美南(日テレ)と岩渕真奈(神戸)の2トップにボールを集めようとするが、強靱なフィジカルをベースに運動量、スピードに勝る北朝鮮選手に翻弄され、攻撃の形を作ることもできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る