• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北朝鮮に完敗 なでしこジャパンは情けないにも程がある

 絶対に負けてはならない相手だった。なでしこジャパンが15日、東アジアE―1選手権の優勝をかけて北朝鮮と対戦。圧倒的な力の差を見せつけられた揚げ句に0―2で完敗した。

 就任2年目の高倉監督は、積極的に若手を起用しながら世代交代を進めてきた。来年4月には19年女子W杯フランス大会の予選を兼ねたアジア杯が行われる。今大会で優勝を飾り、余勢を駆ってアジア杯で「出場枠5位以内」に食い込んでW杯出場! という青写真を描き、北朝鮮戦の前には「世界一に向けたスタートラインとなる試合にしたい」と意気込んでいた。しかし――。

 なでしこは、序盤から田中美南(日テレ)と岩渕真奈(神戸)の2トップにボールを集めようとするが、強靱なフィジカルをベースに運動量、スピードに勝る北朝鮮選手に翻弄され、攻撃の形を作ることもできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る