貴乃花一派から離反者続々…裏切る親方衆はこんな面々

公開日:  更新日:

「どっかとの密約はありません」

 26日、報道陣にこう言ったのは時津風一門を離脱した錣山親方(元関脇寺尾)。同じく一門を離れた立田川親方(元小結豊真将)と湊親方(元前頭湊富士)を含めた3親方、さらに一門内の3親方の計6人は前回理事選で貴乃花親方(45)の一派に票を投じたといわれる。それだけに「どこかとの密約」とは貴乃花一派との関係を指しているのは想像に難くない。

 錣山親方は「協会のルールの中で、協会がよくなるようにしたい」とも言った。暴行事件に関して一致団結して協力するという決め事を無視、執行部や危機管理委員会に刃を向け続ける貴乃花親方にはこれ以上、賛同しかねるという意思表示とみるべきだ。周囲の親方の話を総合すると「(前回の理事選で貴乃花一派に協力した)6人とも来年の理事選では貴乃花一派に票を入れない意向を固めている」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る