TVでペラペラ 旭鷲山の背後に貴乃花親方側の“支援者”か

公開日:  更新日:

「また何?彼が話したと?嘘つけ!お互い相撲界に関係ないから見て方がいいじゃないの?あのモンゴルヒーロー男!!」(原文ママ)

 元横綱・朝青龍(37)にツイッターで皮肉られたのが、同じモンゴル出身で元小結の旭鷲山(44)だ。

 11月場所中に日馬富士による暴行が発覚するや、ワイドショーをはしご。暴行現場に居もしなかったのに、「貴ノ岩はカラオケのリモコンや灰皿で40~50発殴られた」など、ペラペラとやっていた。

 貴ノ岩とは同郷。親交があるのも事実だが、旭鷲山が突然メディアに出てきたのには理由がある。ある放送関係者は「貴乃花親方の支援者が絡んでいる」と、こう話す。

「この支援者はモンゴルで商売をしており、モンゴル国内でのビジネスパートナーが旭鷲山。支援者としてはひいきの貴乃花親方を応援したい。このままでは貴乃花親方は理事長になれないことも、当然、支援者は分かっていたはず。貴ノ岩が、いかにひどい暴行を受けたかをアピールして、問題を大きくしようと考えたのでしょう」

 支援者の意図通り、旭鷲山は事件発覚後は連日メディアに出ずっぱり。そのうち話を盛りすぎたため、貴乃花親方から「事実と異なる」と一蹴された。

 やがてモンゴル国内でも評判を下げ、大統領補佐官も解任されてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る