• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本人力士もドン引き 貴乃花親方の露骨な“モンゴル排除”

 一部のメディアの間で、いまや「貴乃花親方VSモンゴル勢」となってきた日馬富士暴行事件。それもこれも貴乃花親方(45)の周囲がメディアを通じて、モンゴル人力士への敵意をむき出しにしているためだ。

 なにせ、この親方のモンゴル嫌いは筋金入り。巡業では彼らの相撲を見ず、挨拶に来ても返答すらしない。これには多くの日本人力士も「いくら嫌いといっても、ちょっとやりすぎなんじゃ?」と、クビをかしげているという。

 今年8月23、24日に行われたお台場巡業では、こんなことがあった。勧進元のフジテレビ関係者が言う。

「あれは2日目、24日のことです。貴乃花親方は11時ごろに来場すると、土俵を見るのもそこそこにちゃんこ場に移動。ちゃんこ場は力士や親方、関係者が食事をする場所で、一般人は立ち入れない。そこで貴乃花親方は周囲の日本人力士らと酒盛りを始めた。しかも、土俵に上がる前の力士にも飲ませていたのだから、ビックリしましたよ。いい具合に酔ったのか、土俵そっちのけで目もトロンとしていた貴乃花親方は、ちゃんこ場にモンゴル力士が近づこうとすると、途端に険しい表情になった。言葉にはしませんでしたが、『あっちに行け』と言わんばかりのそぶりで、モンゴル力士を追い払っていたと聞きました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事