パドレス入りの牧田 守護神候補も今季途中に移籍の可能性

公開日: 更新日:

 パドレスと2年400万ドル(約4億5000万円)で合意した牧田和久(33=西武)。

 下手投げのベテラン右腕は当初は、セットアッパーでの起用が予定されている。メジャーでは貴重なサブマリンだけに、勝ちパターンで投入されるとみられるが、開幕後はクローザーに昇格する可能性もある。今オフ、チームは牧田以外にもリリーフ投手の補強を行ったため、ここにきて昨季クローザーに定着した左腕ブラッド・ハンド(27=昨季3勝4敗21セーブ)の放出がささやかれているからだ。地元メディアによれば、チームは経験豊富な牧田を守護神候補に挙げているという。

 牧田は移籍1年目で重責を担うことになりそうだが、守護神昇格どころか今季途中に移籍もありそうだ。何しろ、パドレスは若手主体のメンバーで、投手、野手とも実績のない選手ばかりだ。現状では今季の上がり目は期待できず、ナ・リーグ西地区での苦戦を予想するアナリストは少なくない。

 パドレスは昨季まで主力を放出して若手有望株を獲得するトレードを繰り返してきた。今年7月の時点でポストシーズン進出の望みがなければ、牧田は他球団のユニホームを着ることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

  9. 9

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  10. 10

    定年後の健康保険0円に“秘策” 扶養入りという第4の選択肢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る