最年少殿堂入り 松井秀喜氏「巨人監督就任」は実現するか

公開日:

 15日、今年の野球殿堂入りが発表され、競技者表彰プレーヤー部門に巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(43)、現阪神監督の金本知憲氏(49)、同エキスパート部門に元巨人監督の原辰徳氏(59)を選出した。

 43歳7カ月で選ばれたゴジラは史上最年少での殿堂入り。父の昌雄氏を通じて、拠点としているニューヨークから「大変な名誉。この上ない喜びと光栄な気持ちです」とコメントした松井に、読売関係者がこう言った。

「(2013年に)国民栄誉賞を授与され、今回は最年少での野球殿堂入り。残る勲章はうちの監督就任だけでしょう。巨人監督にも同じように名誉を感じて欲しいよ」

 が、巨人関係者やOBは、松井と親しければ親しい人ほど、「いくらラブコールを送っても、巨人の監督はやらないでしょ」と口を揃える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る