最年少殿堂入り 松井秀喜氏「巨人監督就任」は実現するか

公開日: 更新日:

 15日、今年の野球殿堂入りが発表され、競技者表彰プレーヤー部門に巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(43)、現阪神監督の金本知憲氏(49)、同エキスパート部門に元巨人監督の原辰徳氏(59)を選出した。

 43歳7カ月で選ばれたゴジラは史上最年少での殿堂入り。父の昌雄氏を通じて、拠点としているニューヨークから「大変な名誉。この上ない喜びと光栄な気持ちです」とコメントした松井に、読売関係者がこう言った。

「(2013年に)国民栄誉賞を授与され、今回は最年少での野球殿堂入り。残る勲章はうちの監督就任だけでしょう。巨人監督にも同じように名誉を感じて欲しいよ」

 が、巨人関係者やOBは、松井と親しければ親しい人ほど、「いくらラブコールを送っても、巨人の監督はやらないでしょ」と口を揃える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!