理事選へ蠢動する貴乃花親方 日馬富士の親方にも擦り寄り

公開日:

 2年に1度、相撲協会の理事選直前のこの時期は、“紙爆弾”が飛び交うのが恒例となっている。そのひとつが、また出た。複数のスポーツ紙が25日付で報道した、春日野部屋の暴行事件である。2014年に兄弟子(15年に引退)が弟弟子を殴って、アゴの骨を折るなどのケガを負わせたという。

 許される話ではないが、事件自体は4年も前の話。弟弟子に刑事告訴された兄弟子は、16年に有罪判決を言い渡されている。隠蔽疑惑が指摘される春日野親方(元関脇栃乃和歌)も、事件発覚後に当時の北の湖理事長、貴乃花危機管理部長(45)に報告済み。ちなみに、貴乃花親方の同志である裏金顧問こと小林慶彦元顧問も、当時は危機管理に関する助言を協会から委託されていた。

「過去の話が今この時にほじくり返されたというのは、今度の理事選に出馬するであろう、広報部長でもある春日野親方をターゲットにすることで執行部そのものにダメージを与えようというもくろみじゃないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  4. 4

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る