理事選へ蠢動する貴乃花親方 日馬富士の親方にも擦り寄り

公開日: 更新日:

 2年に1度、相撲協会の理事選直前のこの時期は、“紙爆弾”が飛び交うのが恒例となっている。そのひとつが、また出た。複数のスポーツ紙が25日付で報道した、春日野部屋の暴行事件である。2014年に兄弟子(15年に引退)が弟弟子を殴って、アゴの骨を折るなどのケガを負わせたという。

 許される話ではないが、事件自体は4年も前の話。弟弟子に刑事告訴された兄弟子は、16年に有罪判決を言い渡されている。隠蔽疑惑が指摘される春日野親方(元関脇栃乃和歌)も、事件発覚後に当時の北の湖理事長、貴乃花危機管理部長(45)に報告済み。ちなみに、貴乃花親方の同志である裏金顧問こと小林慶彦元顧問も、当時は危機管理に関する助言を協会から委託されていた。

「過去の話が今この時にほじくり返されたというのは、今度の理事選に出馬するであろう、広報部長でもある春日野親方をターゲットにすることで執行部そのものにダメージを与えようというもくろみじゃないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る