理事選へ蠢動する貴乃花親方 日馬富士の親方にも擦り寄り

公開日: 更新日:

 2年に1度、相撲協会の理事選直前のこの時期は、“紙爆弾”が飛び交うのが恒例となっている。そのひとつが、また出た。複数のスポーツ紙が25日付で報道した、春日野部屋の暴行事件である。2014年に兄弟子(15年に引退)が弟弟子を殴って、アゴの骨を折るなどのケガを負わせたという。

 許される話ではないが、事件自体は4年も前の話。弟弟子に刑事告訴された兄弟子は、16年に有罪判決を言い渡されている。隠蔽疑惑が指摘される春日野親方(元関脇栃乃和歌)も、事件発覚後に当時の北の湖理事長、貴乃花危機管理部長(45)に報告済み。ちなみに、貴乃花親方の同志である裏金顧問こと小林慶彦元顧問も、当時は危機管理に関する助言を協会から委託されていた。

「過去の話が今この時にほじくり返されたというのは、今度の理事選に出馬するであろう、広報部長でもある春日野親方をターゲットにすることで執行部そのものにダメージを与えようというもくろみじゃないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  3. 3

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  6. 6

    虎オーナー補強封印で…矢野監督に“糸井&福留切り”の大役

  7. 7

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  8. 8

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  9. 9

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  10. 10

    米中貿易戦争の加熱で古紙不足 石油危機パニックの再来か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る