理事選へ蠢動する貴乃花親方 日馬富士の親方にも擦り寄り

公開日: 更新日:

 貴乃花親方はそんな山響親方に対しても、なりふり構わず。では貴乃花親方は伊勢ケ浜親方と山響親方を“籠絡”できるのか。前出の親方がこう言った。

「伊勢ケ浜親方は今回も理事に立候補するつもりだった。理事長選での支持を条件にすれば、2月の理事選で貴乃花一派の協力を得て当選できるという読みもあったのでしょう。ところが、22日の一門会で潮目が変わった。伊勢ケ浜親方が立候補したいと申し出ると、一門の総帥である大島親方(元関脇魁輝)から『何を考えてるんだ!』と一喝されたといいます。傷害事件の責任を取って理事を辞任したばかりなのに、舌の根も乾かないうちに立候補とは何事かといさめられたのです。鶴の一声もあって、伊勢ケ浜一門からの立候補者は高島親方(元関脇高望山)に一本化された。伊勢ケ浜親方も含め、貴乃花親方に近いといわれる浅香山親方(元大関魁皇)も高島親方に投票することが確認された」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  7. 7

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る