理事選へ蠢動する貴乃花親方 日馬富士の親方にも擦り寄り

公開日: 更新日:

 とは某親方。2月2日の理事選(立候補者受け付けは1日)まではさまざまな足の引っ張り合い、露骨な票集めが展開されるというのだが、それはこの人も同じ。情報戦の裏側で蠢動しているといわれる貴乃花親方である。

 日馬富士傷害事件に端を発した一連の騒動では当初こそ、その怒りは凄まじかった。弟子の貴ノ岩(27)に対する傷害罪で罰金50万円の略式命令を受けた日馬富士だけならいざ知らず、タニマチや支援者を通じて週刊誌上などで白鵬を攻撃。周囲には日馬富士や、その師匠の伊勢ケ浜親方(57)に対する民事訴訟すら示唆していた。

 貴乃花親方はしかし、そんな加害者側に擦り寄っているという。

「現在、行われている1月場所の最中に、貴乃花親方が伊勢ケ浜親方と話し込んでいたのです。なんでも貴乃花親方の方から相談を持ち掛けたらしい。おそらく理事選をにらんでのことでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    【日本ダービー】無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアに立ちはだかる厚い壁

  6. 6

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  7. 7

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  8. 8

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  9. 9

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  10. 10

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る