米国の補強に異変 目玉ダルが平野や牧田より契約遅い理由

公開日: 更新日:

 これは各球団ともセットアッパー、クローザーなどのリリーバーの重要性を再認識し始めたためで、それは投手の起用法にも表れている。

■リリーフ陣を有効活用

 昨季のワールドシリーズで世界一を争ったアストロズ、ドジャースの継投は典型的な例だ。メジャーの先発投手はクオリティースタート(6回を自責点3以内)で及第点とされるが、両チームともレギュラーシーズンは先発陣を長く引っ張らず、好投していても5回で交代するケースは珍しくなかった。

 ドジャースではエース左腕カーショウ(18勝4敗)が故障者リスト入りしたこともあり、27試合で計175回にとどまったのはともかく、ウッド(16勝3敗)が27試合で同152回3分の1、前田(13勝6敗)が25試合で同134回3分の1と、200イニングに達したのは一人もいなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  4. 4

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  8. 8

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    宇賀なつみも華麗に転身 フジからテレ朝へ女子アナ下克上

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る