ブルペン32球の松坂大輔を「飛ばし過ぎ」“兄貴分”が苦言

公開日: 更新日:

 2日、中日にテスト入団した松坂大輔(37)がブルペンに入った。捕手を立たせたまま、直球とカーブを計32球。投球後、「予定より多くなりました。まだ(右肩を)痛めていた時のかばう動作がちょいちょい出てしまう」と反省した。

 それにしても、これだけ注目を集めるのは久しぶりだ。この日は松坂目当てのファンが約3000人も球場へ詰めかけた。注目されることには慣れている「平成の怪物」も気合が入ったのか、通常メニュー消化後に個別で打撃練習も行った。バントも交えティーとマシンで100スイング以上。バッティング練習は半年ぶりだという。

■「長いシーズン持たないよ」

 投打で首脳陣へのアピールはバッチリ、かと思いきや、松坂の西武在籍時の兄貴分で、今は中日国際渉外担当の友利結氏は、「飛ばし過ぎだよ」と渋い顔だ。松坂のレッドソックス時代の巡回コーチでもあり、昨季途中まで中日で投手コーチも務めたその友利渉外担当はこう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る