不吉ジンクスの旗手を自ら ジャンプ葛西“五輪大役”の吉凶

公開日: 更新日:

 冬季大会史上最多8度目の出場となるベテランの威勢がいい。

 9日開幕の平昌五輪で日本選手団の旗手を務めるノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明(45)が5日に現地入り。仁川国際空港に降り立ち、「目標は毎回同じ。金メダルを取りたい」と、自身の持つ男子ジャンプ史上最年長表彰台記録(41歳8カ月)の更新を口にした。

 日本選手団の主将を務めた前回のソチ大会に続き、今回は旗手を任された。「旗手を務めるとメダルを逃す」というジンクスがある。競技本番を前にリハーサル、開会式で拘束され、調整が難しくなることが原因のひとつとされる。日本の顔として世界中の注目を集めるだけに、プレッシャーも計り知れないといわれるが、百戦錬磨のベテランはどこ吹く風だ。

 むしろ、葛西は今回の大役を自ら買って出ており、心身ともにハンディを背負うのは織り込み済みだからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る