不吉ジンクスの旗手を自ら ジャンプ葛西“五輪大役”の吉凶

公開日:

 冬季大会史上最多8度目の出場となるベテランの威勢がいい。

 9日開幕の平昌五輪で日本選手団の旗手を務めるノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明(45)が5日に現地入り。仁川国際空港に降り立ち、「目標は毎回同じ。金メダルを取りたい」と、自身の持つ男子ジャンプ史上最年長表彰台記録(41歳8カ月)の更新を口にした。

 日本選手団の主将を務めた前回のソチ大会に続き、今回は旗手を任された。「旗手を務めるとメダルを逃す」というジンクスがある。競技本番を前にリハーサル、開会式で拘束され、調整が難しくなることが原因のひとつとされる。日本の顔として世界中の注目を集めるだけに、プレッシャーも計り知れないといわれるが、百戦錬磨のベテランはどこ吹く風だ。

 むしろ、葛西は今回の大役を自ら買って出ており、心身ともにハンディを背負うのは織り込み済みだからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る