不吉ジンクスの旗手を自ら ジャンプ葛西“五輪大役”の吉凶

公開日: 更新日:

 冬季大会史上最多8度目の出場となるベテランの威勢がいい。

 9日開幕の平昌五輪で日本選手団の旗手を務めるノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明(45)が5日に現地入り。仁川国際空港に降り立ち、「目標は毎回同じ。金メダルを取りたい」と、自身の持つ男子ジャンプ史上最年長表彰台記録(41歳8カ月)の更新を口にした。

 日本選手団の主将を務めた前回のソチ大会に続き、今回は旗手を任された。「旗手を務めるとメダルを逃す」というジンクスがある。競技本番を前にリハーサル、開会式で拘束され、調整が難しくなることが原因のひとつとされる。日本の顔として世界中の注目を集めるだけに、プレッシャーも計り知れないといわれるが、百戦錬磨のベテランはどこ吹く風だ。

 むしろ、葛西は今回の大役を自ら買って出ており、心身ともにハンディを背負うのは織り込み済みだからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る