• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

実質0円で練習できる種目も 冬季五輪選手への“お値段”

 来週9日から韓国で平昌オリンピックが開催。選手たちのテクニックや演技に舌を巻くこと必至だが、下世話な話、五輪レベルの選手になるには、どれくらいのカネがかかるのか。

 そこで、冬季五輪5競技の各連盟に、五輪に出るまでに必要な費用を問い合わせてみた。

 回答があったのは「バイアスロン」「ボブスレー・リュージュ(今大会は不参加)・スケルトン」「カーリング」。ほかの連盟は「調査していない」「選手に聞いてほしいが、今は無理」とにべもなかった。

 バイアスロンは、スキーの距離競技とライフル射撃を組み合わせた冬季近代二種競技。

「五輪選手になるには、最低でも10年の鍛錬が必要です。(銃刀法に縛られる日本は自衛隊員の選手がほとんどだが)海外だと、12歳ごろからエアライフル(新品で約20万~30万円)を始め、素養が認められると、バイアスロン用のライフル(新品で約35万~45万円)を使用するという流れが一般的です」(日本バイアスロン連盟)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る