実質0円で練習できる種目も 冬季五輪選手への“お値段”

公開日:

 来週9日から韓国で平昌オリンピックが開催。選手たちのテクニックや演技に舌を巻くこと必至だが、下世話な話、五輪レベルの選手になるには、どれくらいのカネがかかるのか。

 そこで、冬季五輪5競技の各連盟に、五輪に出るまでに必要な費用を問い合わせてみた。

 回答があったのは「バイアスロン」「ボブスレー・リュージュ(今大会は不参加)・スケルトン」「カーリング」。ほかの連盟は「調査していない」「選手に聞いてほしいが、今は無理」とにべもなかった。

 バイアスロンは、スキーの距離競技とライフル射撃を組み合わせた冬季近代二種競技。

「五輪選手になるには、最低でも10年の鍛錬が必要です。(銃刀法に縛られる日本は自衛隊員の選手がほとんどだが)海外だと、12歳ごろからエアライフル(新品で約20万~30万円)を始め、素養が認められると、バイアスロン用のライフル(新品で約35万~45万円)を使用するという流れが一般的です」(日本バイアスロン連盟)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る