実質0円で練習できる種目も 冬季五輪選手への“お値段”

公開日: 更新日:

 来週9日から韓国で平昌オリンピックが開催。選手たちのテクニックや演技に舌を巻くこと必至だが、下世話な話、五輪レベルの選手になるには、どれくらいのカネがかかるのか。

 そこで、冬季五輪5競技の各連盟に、五輪に出るまでに必要な費用を問い合わせてみた。

 回答があったのは「バイアスロン」「ボブスレー・リュージュ(今大会は不参加)・スケルトン」「カーリング」。ほかの連盟は「調査していない」「選手に聞いてほしいが、今は無理」とにべもなかった。

 バイアスロンは、スキーの距離競技とライフル射撃を組み合わせた冬季近代二種競技。

「五輪選手になるには、最低でも10年の鍛錬が必要です。(銃刀法に縛られる日本は自衛隊員の選手がほとんどだが)海外だと、12歳ごろからエアライフル(新品で約20万~30万円)を始め、素養が認められると、バイアスロン用のライフル(新品で約35万~45万円)を使用するという流れが一般的です」(日本バイアスロン連盟)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  9. 9

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

  10. 10

    <25>お持ち帰りできる「ホテル内のカラオケ」で接待

もっと見る