実質0円で練習できる種目も 冬季五輪選手への“お値段”

公開日:

 来週9日から韓国で平昌オリンピックが開催。選手たちのテクニックや演技に舌を巻くこと必至だが、下世話な話、五輪レベルの選手になるには、どれくらいのカネがかかるのか。

 そこで、冬季五輪5競技の各連盟に、五輪に出るまでに必要な費用を問い合わせてみた。

 回答があったのは「バイアスロン」「ボブスレー・リュージュ(今大会は不参加)・スケルトン」「カーリング」。ほかの連盟は「調査していない」「選手に聞いてほしいが、今は無理」とにべもなかった。

 バイアスロンは、スキーの距離競技とライフル射撃を組み合わせた冬季近代二種競技。

「五輪選手になるには、最低でも10年の鍛錬が必要です。(銃刀法に縛られる日本は自衛隊員の選手がほとんどだが)海外だと、12歳ごろからエアライフル(新品で約20万~30万円)を始め、素養が認められると、バイアスロン用のライフル(新品で約35万~45万円)を使用するという流れが一般的です」(日本バイアスロン連盟)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る