• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大技回避を明言も フィギュア羽生結弦に一発逆転の可能性

「個人戦までに100%になる。当然、金メダルが狙える」――。

 男子フィギュアスケートの羽生結弦(23)を指導するブライアン・オーサー・コーチ(56=カナダ)が、教え子の五輪連覇に太鼓判である。

 オーサー・コーチは5日、江陵の本番会場で取材に応じ、右足首靱帯損傷からの復活を目指す羽生について「(9日の)団体戦は欠場するが、個人種目(16日ショートプログラム)は出る」と断言。故障の原因となった4回転ルッツについては「試合で入れる準備ができていない」と大技を回避すると明かした。

 オーサー・コーチによれば、羽生は1月上旬に拠点とするカナダ・トロントで練習を再開。すでにプログラムの曲をかけて一通りの演技をこなす本番さながらの練習をこなし、先週からは持久力を高めるトレーニングに着手したという。

 オーサー・コーチは「彼は練習がよくできており、楽観している。私も彼自身も(金メダルを)信じている」と強気に話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る