日本では飛ばし屋でも…畑岡奈紗は米ツアーでなぜ勝てず

公開日:  更新日:

【ISPSハンダ豪州オープン】

 米ルーキーのコ・ジンヨン(22=韓国)が初日からの首位を守って完全優勝。プロ6年目のコはすでに10勝しており、昨年10月に韓国で行われた米女子ツアー「ハナバンク選手権」優勝でツアーカードを取得していた。

 一方、首位と6打差5位発進の畑岡奈紗(19)は、前半を1バーディー、1ボギーの37でターン。10番パー4はティーショットを左に曲げて、アンプレアブルから痛恨のダブルボギーを叩いた。12番パー4は手前バンカーから1メートルに寄せながら、パーパットを外してボギー。15番、16番で連続バーディーを奪うも、通算4アンダー16位に終わった。

「いいイメージでスタートできたが、途中から練習でできていたことが、できなくなり悔しい日になった」

 畑岡はアマチュアで出場した2016年日本女子オープンに勝ち、昨年大会は最少ストローク記録で連覇。前週のミヤギTV杯と2週連続Vの快挙だった。昨年暮れは米ツアーQTをトップ合格しているが、米ツアーで好成績が出ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る