864日ぶり1軍戦で好投 巨人高木が見据える支配下復帰の先

公開日:

 育成選手・高木京介(28)が猛アピールだ。21日のヤクルトとの練習試合で七回から登板。打者3人をすべて内野ゴロに抑え、1回を無失点。支配下登録復帰へアピールした。

 野球賭博関与に伴う1年間の失格処分が終了し、昨年3月に育成選手として巨人と再契約。支配下登録が見送られた昨季は、二軍で出番を待っていた。

 一軍の日本球団との試合は2015年10月11日以来、864日ぶり。「緊張したけど持ち味は出せたかなと思う。カーブで凡打? 変化球で一番得意な球。緩急が使えた。ホッとした」と充実感をにじませた。

 左腕の池田が離脱し、二軍の宮崎から一軍がキャンプを張る沖縄・那覇に招集された高木。この日、先発候補の吉川光が3回を6安打6失点だった。「左(投手)は去年から苦労している」と高橋由伸監督が言うように、全体的に左腕が不足している。特にリリーフは、現在一軍に戸根しかいない状況。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

もっと見る