期待されてはや4年…巨人・岡本の敵は「150キロ」にあり

公開日:

 期待の星といわれ、もう4年目。岡本和真(21)が17日から始まる対外試合でアピールする。

 沖縄・那覇2次キャンプ2日目の昨16日、エース菅野が登板したフリー打撃で対戦。安打性は2本程度に抑えられたものの、宮崎での1次キャンプでは、強化指定選手として松井秀喜臨時コーチの重点指導を受けた。沖縄入り後も連日1000スイング以上振り込んでいる。

 14年のドラフト1位で入団。和製大砲候補と大きな期待を背負いながら、レギュラーどころか、いまだ一軍に定着できていない。前日は高橋由伸監督の直接指導を受けた。岡本は「ムダをなくすように意識しています」と言う。今キャンプでは、足の上げ方からタイミングの取り方まで、打撃フォームの「ムダ」を取り除くことに取り組んでいる。

「由伸監督は岡本が速球に弱く、差し込まれることが多い点を問題視しています。かつて同じ高卒ドラ1で長距離砲として期待された大田(現日本ハム)は、変化球に弱くて定着できなかったが、若手の大砲候補が直球に弱いんじゃ、変化球以前の問題というわけ。徹底的にムダな動きをそぎ落としている打撃フォームも、150キロ級の速球に対応できていないからです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る