初の対外試合で6失点も 巨人・野上マイペースぶりの吉兆

公開日:  更新日:

 野上亮磨(30)が18日、西武から移籍後、初の対外試合デビューを果たした。沖縄・那覇キャンプの韓国KIAとの練習試合で、三回から2番手として登板。2イニングを投げて6失点だった。

 二塁・吉川尚、遊撃・山本の失策が絡んだため自責点はゼロだったが、6安打を浴びた。初登板となった12日の紅白戦でも1回を2安打2失点(自責点ゼロ)。この日、先発して2回を無失点に抑えながら「全く収穫がなかった」と振り返った山口俊(30)は、前回の紅白戦からゼロ行進。宮崎から沖縄へ移動する際に高橋監督に「やっぱりいい」と名指しで褒められている。

 1、2年目の違いはあれど、同じ年齢で同じFA入団。焦りがないわけではないだろう。それでも「そもそもこの時期の投球はアテにならないが、野上は特にそう」と古巣・西武関係者がこう言った。


「この前、紅白戦後に投げ込んで計400球と報道されたが、これが野上の調整法。昨年もこの時期に432球って日があった。今が疲労のピークに近い状態。実戦で投げても結果が出ない時期なんです。普通、プレッシャーがかかる巨人にFAで入ったらペースが狂いそうなものだが、自分のペースでできている証拠ではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る