初の対外試合で6失点も 巨人・野上マイペースぶりの吉兆

公開日:  更新日:

 野上亮磨(30)が18日、西武から移籍後、初の対外試合デビューを果たした。沖縄・那覇キャンプの韓国KIAとの練習試合で、三回から2番手として登板。2イニングを投げて6失点だった。

 二塁・吉川尚、遊撃・山本の失策が絡んだため自責点はゼロだったが、6安打を浴びた。初登板となった12日の紅白戦でも1回を2安打2失点(自責点ゼロ)。この日、先発して2回を無失点に抑えながら「全く収穫がなかった」と振り返った山口俊(30)は、前回の紅白戦からゼロ行進。宮崎から沖縄へ移動する際に高橋監督に「やっぱりいい」と名指しで褒められている。

 1、2年目の違いはあれど、同じ年齢で同じFA入団。焦りがないわけではないだろう。それでも「そもそもこの時期の投球はアテにならないが、野上は特にそう」と古巣・西武関係者がこう言った。


「この前、紅白戦後に投げ込んで計400球と報道されたが、これが野上の調整法。昨年もこの時期に432球って日があった。今が疲労のピークに近い状態。実戦で投げても結果が出ない時期なんです。普通、プレッシャーがかかる巨人にFAで入ったらペースが狂いそうなものだが、自分のペースでできている証拠ではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る