• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

正攻法自信なし? 白鵬が3月場所出場を明言できないワケ

 26日に発表された、大相撲3月場所(11日初日=大阪)の新番付。白鵬(32)は横綱在位64場所目となり、北の湖の63場所を抜いて、歴代1位の在位記録となった。

 白鵬は「綱を10年張れたら横綱中の横綱になれると思っていた。(記録は)夢だった」と話すも、肝心の3月場所の出場は明言せず。先場所負傷した左足親指の状態が気になるのか、「実際にぶつかり合った時にどうなるか」と、語るにとどめた。

 昨年11月場所中に発覚した日馬富士暴行事件から続く一連の騒動で、白鵬は「モンゴル互助会の親玉」だ何だのと、非難のターゲットになった。

 ただでさえ、乱暴な相撲に顔をしかめていたファンは少なくなかっただけに、事件によるこのモンゴル横綱への批判は火に油を注ぐがごとく大燃焼。普段は弱腰の横綱審議委員会が、「張り手、かち上げが15日間のうち10日以上ある。これは横綱相撲とは言えない、美しくない」と厳しく注意したのも、世論に背中を押されてのことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る