八角理事長派と口論 貴乃花親方の本性見えた暴露本の中身

公開日:

 大相撲春場所は3月11日が初日。場所後には「理事長選」があり、またぞろ貴乃花親方VS日本相撲協会のバトルが賑わせそうだ。

 世間の多数は貴乃花親方を“孤高のヒーロー”として擁護しているが、そんな人たちや親方が真っ青になりそうな一冊の本が出た。「一触即発の120分」のタイトルで、2015年12月18日に行われた日本相撲協会理事会の議事録をすっぱ抜いた「貴の乱」(宝島社)だ。これを読むと、孤高のヒーローの真の姿が見えてくる。

 この日の理事会は、北の湖理事長の急死(11月20日)を受け、新理事長を選出するのが主な議題。「貴乃花親方派」と「八角理事長代行派」が激しい口論を繰り広げている。貴乃花親方は、まず理事会に小林慶彦顧問(協会職員ではない)が出席していないことに疑義を出し、北の湖親方が亡くなる直前に小林顧問を正式に協会職員に採用していたと主張する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る