八角理事長派と口論 貴乃花親方の本性見えた暴露本の中身

公開日: 更新日:

 大相撲春場所は3月11日が初日。場所後には「理事長選」があり、またぞろ貴乃花親方VS日本相撲協会のバトルが賑わせそうだ。

 世間の多数は貴乃花親方を“孤高のヒーロー”として擁護しているが、そんな人たちや親方が真っ青になりそうな一冊の本が出た。「一触即発の120分」のタイトルで、2015年12月18日に行われた日本相撲協会理事会の議事録をすっぱ抜いた「貴の乱」(宝島社)だ。これを読むと、孤高のヒーローの真の姿が見えてくる。

 この日の理事会は、北の湖理事長の急死(11月20日)を受け、新理事長を選出するのが主な議題。「貴乃花親方派」と「八角理事長代行派」が激しい口論を繰り広げている。貴乃花親方は、まず理事会に小林慶彦顧問(協会職員ではない)が出席していないことに疑義を出し、北の湖親方が亡くなる直前に小林顧問を正式に協会職員に採用していたと主張する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る