協会に聞いた 銅メダルのカー娘はなぜ“チーム選抜”だった

公開日:  更新日:

 平昌五輪で英国に5-3で勝利し見事銅メダルを獲得した女子カーリングの日本代表は、ご存じだろうが「ロコ・ソラーレ」という北海道のクラブチーム。昨年9月の代表決定戦で中部電力を破り、出場権を獲得した。男子は、昨年の日本選手権を制した「SC軽井沢」。どちらも選考会で勝ったチームが代表となっている。

 サッカー、野球、バレーボールなどでは、代表監督が選手を選抜してチームを構成するのが一般的。所属チームはバラバラだ。カーリングのように、チーム単位で代表になることはない。なぜカーリングは、上手な選手を集めてチームをつくろうとしないのか?

「カーリングに必要なのは、技術だけではないのです。そのほかの要素も大きいので、急造チームでは難しい。これは他の国も同じで、たとえば強豪国のカナダも、日本と同じ選抜方法を取っています」(日本カーリング協会事務局)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る