• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初代専任監督が斬る 高倉なでしこアルガルベ杯初戦惨敗

 ポルトガルで開幕したアルガルベ杯(現地時間28日)で高倉麻子監督率いる「なでしこジャパン」(世界ランク9位)が、オランダ(同7位)を相手に2―6のスコアで惨敗を喫した。

 4分、8分、31分、35分となでしこDF陣のミスもあって0―4のワンサイドゲーム。37分にMF中島がワザありの左足シュートで1点を返したものの、44分、52分にもゴールを叩き込まれて1―6。それでも途中出場のFW岩渕が82分、右サイドを持ち前の鋭いドリブルで突破し、シュートを決めて「ホンの少しだけ面目を保った」格好だ。

 試合終了直後、中島が「情けない。悔しい」とコメント。確かにスコア上では惨敗である。しかしながら「必要以上に悲観することはない」となでしこジャパン初代専任監督の鈴木良平氏(解説者)がこう続ける。

「5失点した前半、日本選手に足りなかったのは『前向きで積極的な守備意識』です。相手の攻撃に対して“受け”に回ったことでミスを誘発したり、マイボールになってからの反撃が迫力を欠いた。得点者以外にもFWの田中、横山、MFの長谷川、増矢と攻撃系にタレントもいる。<個の力>でオランダにヒケを取っていたわけではない」

 2戦目は世界ランク20位のアイスランドが相手だ。なでしこは攻守に圧倒し、オランダ戦のマイナスイメージを払拭したいところである――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る