初代専任監督が斬る 高倉なでしこアルガルベ杯初戦惨敗

公開日:  更新日:

 ポルトガルで開幕したアルガルベ杯(現地時間28日)で高倉麻子監督率いる「なでしこジャパン」(世界ランク9位)が、オランダ(同7位)を相手に2―6のスコアで惨敗を喫した。

 4分、8分、31分、35分となでしこDF陣のミスもあって0―4のワンサイドゲーム。37分にMF中島がワザありの左足シュートで1点を返したものの、44分、52分にもゴールを叩き込まれて1―6。それでも途中出場のFW岩渕が82分、右サイドを持ち前の鋭いドリブルで突破し、シュートを決めて「ホンの少しだけ面目を保った」格好だ。

 試合終了直後、中島が「情けない。悔しい」とコメント。確かにスコア上では惨敗である。しかしながら「必要以上に悲観することはない」となでしこジャパン初代専任監督の鈴木良平氏(解説者)がこう続ける。

「5失点した前半、日本選手に足りなかったのは『前向きで積極的な守備意識』です。相手の攻撃に対して“受け”に回ったことでミスを誘発したり、マイボールになってからの反撃が迫力を欠いた。得点者以外にもFWの田中、横山、MFの長谷川、増矢と攻撃系にタレントもいる。<個の力>でオランダにヒケを取っていたわけではない」

 2戦目は世界ランク20位のアイスランドが相手だ。なでしこは攻守に圧倒し、オランダ戦のマイナスイメージを払拭したいところである――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る