親方衆は6連続休場に理解も 稀勢の里に年内引退の可能性

公開日:

 これでもう、後には引けなくなった。

 8日、横綱稀勢の里(31)が3月場所を休場することが明らかになった。報道陣に対応した師匠の田子ノ浦親方(元前頭隆の鶴)は、

「横綱から『ちゃんとした形で土俵に上がりたい』と話があった」

 と説明。昨年3月場所で負傷した左胸のケガも、まだ完治していないという。

 これで稀勢の里は横綱として02~03年の武蔵丸(現武蔵川親方)以来となる、6場所連続休場が決定。不名誉には違いないが、その中身はだいぶ異なる。

 武蔵丸は休場した6場所中、途中休場は2場所のみ。一方、稀勢の里の途中休場は4回もある。つまり、この和製横綱は昨年3月場所のケガ以降、見切り発車でずるずると出場を続けるも力を発揮できず、「このままだと負け越しそうだから……」と、休場を繰り返してきたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る