• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

代表選手も疑問符 カーリング協会はなぜ五輪人気生かせず

 青森がメダル特需に沸いている。

 15日、カーリングの日本混合ダブルス選手権が大会2日目を終えた。平昌五輪で銅を獲得した女子代表「LS北見」のメンバーが出場するとあって、初日は会場前に100人以上の行列。「LS北見」吉田知那美(26)・平昌男子代表「SC軽井沢クラブ」清水徹郎(30)ペアは無傷の3連勝。藤沢五月(26)・山口剛史(33)ペアは実力どおりの4連勝で貫禄を見せつけ、初日に大差で負けた吉田夕梨花(24)・両角友佑(33)ペアも連勝した。

 観客がプレー以上に熱視線を送るのはカー娘の「もぐもぐタイム」。ハーフタイムの栄養補給は試合以上に注目を集めている。

 この日は吉田知が食べようとしたリンゴをフロアに落として苦笑すると、会場内には無数のシャッター音が響いた。

 馴染みのない混合ダブルスでも五輪の“余熱”でこれだけ盛り上がるのだから、世界選手権(カナダ・3月17日開幕)のキップがかかる日本選手権となれば大熱狂……と思いきや、今年の大会はすでに終了。しかも五輪直前の1月28日~2月4日に行われていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る