• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

代表選手も疑問符 カーリング協会はなぜ五輪人気生かせず

 青森がメダル特需に沸いている。

 15日、カーリングの日本混合ダブルス選手権が大会2日目を終えた。平昌五輪で銅を獲得した女子代表「LS北見」のメンバーが出場するとあって、初日は会場前に100人以上の行列。「LS北見」吉田知那美(26)・平昌男子代表「SC軽井沢クラブ」清水徹郎(30)ペアは無傷の3連勝。藤沢五月(26)・山口剛史(33)ペアは実力どおりの4連勝で貫禄を見せつけ、初日に大差で負けた吉田夕梨花(24)・両角友佑(33)ペアも連勝した。

 観客がプレー以上に熱視線を送るのはカー娘の「もぐもぐタイム」。ハーフタイムの栄養補給は試合以上に注目を集めている。

 この日は吉田知が食べようとしたリンゴをフロアに落として苦笑すると、会場内には無数のシャッター音が響いた。

 馴染みのない混合ダブルスでも五輪の“余熱”でこれだけ盛り上がるのだから、世界選手権(カナダ・3月17日開幕)のキップがかかる日本選手権となれば大熱狂……と思いきや、今年の大会はすでに終了。しかも五輪直前の1月28日~2月4日に行われていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る