• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

藤沢五月ペア好発進も カーリング混合Dは4人制よりシビア

 カーリングの混合ダブルス日本選手権(青森市)が14日開幕。

 平昌五輪女子代表で銅メダルを獲得したロコ・ソラーレ(LS)北見のメンバーのうち、スキップ藤沢五月(26)ら3人が同男子代表のSC軽井沢クラブの選手とペアを組み、協会推薦で出場している。藤沢五月と山口剛史の「藤沢山口」は、堀内珠実と冨安岳人の「オリオン機械」を8―1と圧倒。続く船木・工藤ペア戦にも14―1で圧勝した。

 この大会は5日間にわたって行い、優勝チームは4月の世界選手権(スウェーデン)の出場権を得る。

 予選リーグ2日目まで藤沢組の試合は最終試合(20時開始)に組まれるなど、五輪代表ペアはスケジュール的に優遇されている。

 4人制に次いで混合ダブルスでもメダル獲得となれば、LS北見メンバーの注目度はさらに高まるが、そう簡単なことではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る