投手陣に重圧 貧打阪神は“コサリオ”糸原の守備も懸念材料

公開日:  更新日:

 オープン戦最下位の阪神は、鳥谷(打率.067)、ロサリオ(.143)、福留(.136)の主力がサッパリ。開幕を迎える投手陣には相当な重圧がかかりそうだが、懸念材料は他にもある。

 昨季の82失策は、ワースト(86)のヤクルトに次ぐもの。しかも、記録にならないミスも多かった。

 今季は鳥谷が慣れない二塁へ回り、三塁大山、遊撃糸原、捕手が「本職」の新助っ人ロサリオが一塁を守る。中でも不安なのが糸原の守備だ。66試合に出場した昨季は遊撃を40試合守ったが、そもそもが二塁でレギュラーを争っていた選手だ。俊足と呼べるほどの脚力はなく、広島田中、中日京田、DeNA大和らに比べて守備範囲が狭く、瞬時の判断力もプロレベルとはいえない。

 象徴的なミスが0―8で完封負けした18日の中日戦だ。6点ビハインドの六回1死三塁の場面、バックホーム態勢の前進守備で堂上の何でもないゴロを捕球しても本塁に投げなかった。確かに三塁走者のスタートはよかったものの、勝敗度外視のオープン戦なら野選になってもいいから本塁へ投げるべきだった。守備にうるさいチームならこんな“凡ミス”は許されない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る