ザギトワ惨敗の真相 ドーピング検査で長時間拘束が影響か

公開日:  更新日:

 平昌五輪で異次元のスケーティングを披露したアリーナ・ザギトワ(15=ロシア)に依然としてドーピング疑惑が持たれている。

 ショートプログラム(SP)、フリーとも振るわず、5位に終わった世界選手権(イタリア・ミラノ)。フリーが行われた23日早朝から2時間にわたるドーピング検査を課されて、試合前の調整もままならなかったという。

 ザギトワは、ロシア・フィギュアスケーティング連盟の公式サイトの取材に「朝から3時間近くも拘束され、試合に向けて感情をコントロールするのが難しかった。泣いても叫んでも何の解決にもならなかった」と苦しい胸の内を明かしている。

 ザギトワはフリーでジャンプが決まらず、3度も転倒。平昌五輪後は、ほぼ休まずに練習を続けてきただけに、体調不良を懸念された。

 が、世界選手権での不調はISU(国際スケート連盟)とWADA(世界反ドーピング機関)の嫌がらせだったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る