• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ザギトワ惨敗の真相 ドーピング検査で長時間拘束が影響か

 平昌五輪で異次元のスケーティングを披露したアリーナ・ザギトワ(15=ロシア)に依然としてドーピング疑惑が持たれている。

 ショートプログラム(SP)、フリーとも振るわず、5位に終わった世界選手権(イタリア・ミラノ)。フリーが行われた23日早朝から2時間にわたるドーピング検査を課されて、試合前の調整もままならなかったという。

 ザギトワは、ロシア・フィギュアスケーティング連盟の公式サイトの取材に「朝から3時間近くも拘束され、試合に向けて感情をコントロールするのが難しかった。泣いても叫んでも何の解決にもならなかった」と苦しい胸の内を明かしている。

 ザギトワはフリーでジャンプが決まらず、3度も転倒。平昌五輪後は、ほぼ休まずに練習を続けてきただけに、体調不良を懸念された。

 が、世界選手権での不調はISU(国際スケート連盟)とWADA(世界反ドーピング機関)の嫌がらせだったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

もっと見る