ソフトB退団 川崎宗則“道化”の裏の意外なネガティブ思考

公開日:  更新日:

 およそイメージとかけ離れた理由だった。

 26日、ソフトバンク川崎宗則(36)が退団。球団を通じてコメントが発表された。

「昨年の夏場以降からリハビリを続けてきましたが、同時に自律神経の病気にもなり、体を動かすのを拒絶するようになってしまいました」

 川崎といえば、底抜けの明るさとポジティブな印象が強い。古巣へ電撃復帰した昨季も、スタンドから「サインください!」と叫ぶ少年にブロック“サイン”を出して笑わせ、円陣の中心では積極的に声も出すムードメーカー。その一方で、こう話すチームメートもいる。

「基本的にあまり群れないタイプ。声を出してチーム全体を盛り上げていたけど、ベンチ裏ではひとりでいることも多いように見えた。(川崎が)米球界へ移籍した2012年以降に一軍へ定着した選手(野手でいえば今宮、柳田、中村晃ら)の中には、イメージと違うと感じた者もいたようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る