ノムさんがG由伸監督に痛烈ダメ出し「外野手に名将なし」

公開日:  更新日:

 27日、野村克也氏(82)が自身の新刊「番狂わせの起こし方」(青春出版社)の発売記念トークショーに出席。約100人のファンを前に野村節を炸裂させた。

 開幕直前とあって、ペナント順位を予想。セ・リーグの1位は巨人と述べ、「順位予想は一番苦手なんだ」とボヤくと、巨人の指揮を執って3年目の高橋由伸監督に矛先を向けた。

「(ペナントレースの)順位って、何を基準に決めたらいい? 監督か? それだと、トップに置くような監督ひとりもいないじゃないか。今は本当に監督の人材難ですよ。高橋(監督)なんてダメだ。慶応のお坊ちゃん。日本一になった慶応出身の監督は藤田(元司)さん、水原(茂)さんがいるけど、80年の歴史をたどっても、外野手出身の監督で日本一になったのは、若松(勉=04年ヤクルト)と秋山(幸二=11、14年ソフトバンク)くらい。若松はオレのおこぼれ、遺産だろ?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る