• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子レスリングパワハラ騒動 栄強化部長の“逆襲”が始まる

 女子レスリングのパワハラ騒動が進展しそうだ。

 五輪4連覇の伊調馨(33)に対し、練習場からの締め出しなど数々の疑惑が浮上している日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)が早ければ、近日中にも内閣府の聞き取り調査に応じるという。

 栄氏は一連の報道の影響から心身衰弱でダウン。17~18日の女子W杯(高崎)も指揮を執らず、自宅療養を続けていたが、体調は回復しているとみられる。

 レスリング関係者が内閣府に提出した告発状によれば、栄氏は伊調が信頼を寄せていた田南部力氏(ロンドン五輪日本代表男子コーチ)に指導をやめるよう、不当な圧力をかけた。さらに栄氏によって、田南部氏は日本代表から外され、所属する警視庁第6機動隊レスリング部も追われたとされている。

 聞き取り調査では伊調の指導者に対するパワハラが焦点になるとみられるが、栄氏には反論材料があるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事