両親が背負った日中卓球交流 原点は“ピンポン外交”だった

公開日: 更新日:

 張本智和は2003年6月27日、宮城県仙台市で生まれた。

 父親の宇さん(47)と母親の凌さん(45)は中国人だから、張本少年は中国と日本の二重国籍を持っていた。だが、4年前、宇さんと子供たちは日本国籍を取得した。国籍や所属は日本では厳しく、法的には22歳までにどちらかを選ぶことになっている。国籍とスポーツの代表籍は別で、野球のWBCは祖父の代まで遡っての国籍選択を認めている。だが、卓球にはそうはいかない事情もあった。

 張本の日本国籍取得には、オリンピックよりも前に、オープン化されていない全日本選手権出場という目標があった。ここに宇さん夫婦が背負ってきた日中の卓球交流が垣間見える。

 両親は中国四川省綿陽の出身で、宇さんは1971年生まれ。張本の父方の祖父は学生時代にバスケットボールに熱中するスポーツ愛好家だったが、宇さんは小学校に上がった8歳ごろに父の勧めで卓球を始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  8. 8

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る