両親が背負った日中卓球交流 原点は“ピンポン外交”だった

公開日:  更新日:

 張本智和は2003年6月27日、宮城県仙台市で生まれた。

 父親の宇さん(47)と母親の凌さん(45)は中国人だから、張本少年は中国と日本の二重国籍を持っていた。だが、4年前、宇さんと子供たちは日本国籍を取得した。国籍や所属は日本では厳しく、法的には22歳までにどちらかを選ぶことになっている。国籍とスポーツの代表籍は別で、野球のWBCは祖父の代まで遡っての国籍選択を認めている。だが、卓球にはそうはいかない事情もあった。

 張本の日本国籍取得には、オリンピックよりも前に、オープン化されていない全日本選手権出場という目標があった。ここに宇さん夫婦が背負ってきた日中の卓球交流が垣間見える。

 両親は中国四川省綿陽の出身で、宇さんは1971年生まれ。張本の父方の祖父は学生時代にバスケットボールに熱中するスポーツ愛好家だったが、宇さんは小学校に上がった8歳ごろに父の勧めで卓球を始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る