ヤクルト青木 日本野球に再適応するカギは「タイミング」

公開日: 更新日:

「テンション上がりましたね。ヒーローインタビューは久しぶりだし、日本ならではという感じで楽しかったです」

 気持ち良さそうにこう言ったのは、今季、7年ぶりにヤクルトに復帰した青木宣親(36)だ。

 4日の広島戦で2安打1打点の活躍で勝利に貢献。八回にはバレンティンが敬遠された直後に、技ありの一打でダメ押しの適時二塁打を放った。 神宮では7年ぶりとなる安打と打点をマークし、お立ち台では「ただいまー、勝ったよー!」と大きな声でファンと喜びを分かち合い、「日々、アジャストしていくようにやっているので、それが実を結んだと思う」と振り返った。

 日米通算2058安打を誇る安打製造機も、試合前まで打率・188。練習では通常の打撃練習が終わった後、ひとり室内練習場へ向かい、黙々とマシン相手に打ち込んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  3. 3

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  4. 4

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    小池知事が急に元気に…「五輪からコロナに移る希望の党」

  7. 7

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  8. 8

    急ピッチで進む検察捜査 ターゲットは河井克行前法務大臣

  9. 9

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  10. 10

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

もっと見る