河田コーチもボヤキ…ヤクルトの拙守は今季も深刻のまま

公開日:

 3日、ヤクルトがお粗末な守備で広島に負けた。

 1点リードの六回。1死一、二塁の場面で西川の一ゴロを、坂口が悪送球。ボールが転々とする間に、まず二走の丸が生還して同点。ボールを拾った捕手の中村がホームへ投げるも、三塁手・川端のカバーが遅れ、一走の安部までホームイン。ヤクルトは2つのミスで逆転を許した。

 小川監督は坂口について「ファーストで使っているこっちが悪い」とかばうと、カバリングが遅れた川端について「ホームのバックアップに行かないと。ランナーと一緒になって走って、ランナーより遅くなっちゃってる。防げるものも防げなくなる」とコメント。宮本ヘッドコーチも「川端がカバーに行っていないのはボーンヘッド」と指摘した。

 ヤクルトは昨季、リーグワーストの86失策。拙守は最下位低迷の一因にもなった。昨オフ、広島から石井打撃コーチと河田外野守備走塁コーチを招聘。「ヒット以外で1点をもぎ取る野球」の意識付けを行ったものの、これではザルで水をすくうようなもの。河田コーチは広島との違いについてこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る