• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

河田コーチもボヤキ…ヤクルトの拙守は今季も深刻のまま

 3日、ヤクルトがお粗末な守備で広島に負けた。

 1点リードの六回。1死一、二塁の場面で西川の一ゴロを、坂口が悪送球。ボールが転々とする間に、まず二走の丸が生還して同点。ボールを拾った捕手の中村がホームへ投げるも、三塁手・川端のカバーが遅れ、一走の安部までホームイン。ヤクルトは2つのミスで逆転を許した。

 小川監督は坂口について「ファーストで使っているこっちが悪い」とかばうと、カバリングが遅れた川端について「ホームのバックアップに行かないと。ランナーと一緒になって走って、ランナーより遅くなっちゃってる。防げるものも防げなくなる」とコメント。宮本ヘッドコーチも「川端がカバーに行っていないのはボーンヘッド」と指摘した。

 ヤクルトは昨季、リーグワーストの86失策。拙守は最下位低迷の一因にもなった。昨オフ、広島から石井打撃コーチと河田外野守備走塁コーチを招聘。「ヒット以外で1点をもぎ取る野球」の意識付けを行ったものの、これではザルで水をすくうようなもの。河田コーチは広島との違いについてこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る