河田コーチもボヤキ…ヤクルトの拙守は今季も深刻のまま

公開日:

 3日、ヤクルトがお粗末な守備で広島に負けた。

 1点リードの六回。1死一、二塁の場面で西川の一ゴロを、坂口が悪送球。ボールが転々とする間に、まず二走の丸が生還して同点。ボールを拾った捕手の中村がホームへ投げるも、三塁手・川端のカバーが遅れ、一走の安部までホームイン。ヤクルトは2つのミスで逆転を許した。

 小川監督は坂口について「ファーストで使っているこっちが悪い」とかばうと、カバリングが遅れた川端について「ホームのバックアップに行かないと。ランナーと一緒になって走って、ランナーより遅くなっちゃってる。防げるものも防げなくなる」とコメント。宮本ヘッドコーチも「川端がカバーに行っていないのはボーンヘッド」と指摘した。

 ヤクルトは昨季、リーグワーストの86失策。拙守は最下位低迷の一因にもなった。昨オフ、広島から石井打撃コーチと河田外野守備走塁コーチを招聘。「ヒット以外で1点をもぎ取る野球」の意識付けを行ったものの、これではザルで水をすくうようなもの。河田コーチは広島との違いについてこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る