新生ロッテが快進撃3連勝 新コーチ5人引き抜きが奏功

公開日: 更新日:

 ロッテが3日のオリックス戦に勝って3連勝。井口資仁新監督(43)は試合後、七回に代打で同点タイムリーを放った平沢の殊勲打を「期待に応えてくれた」と喜んだ。

 ロッテは昨年、シーズン87敗を喫して最下位。辞任した伊東監督に代わって迎えられたリーグ最年少の青年監督は、大胆なチーム改革を施した。開幕の先発メンバーにドラフト2位の藤岡(トヨタ)、同4位の菅野(日立製作所)という新人を抜擢。ルーキーの同時開幕スタメンは、ロッテでは21年ぶりのことで、この2人がここまで打率.333、.400と好スタートを切り、チームに新風を吹き込んでいる。

 が、指揮官にとってそれ以上に心強いのが、脇を固めるコーチ陣の存在だろう。日米通算21年の現役生活で日本一にも世界一にもなった豊富な経験があるものの、指導者経験はゼロ。そこで、自ら組閣をし、交渉役まで買って出た末に鳥越ヘッド、清水将バッテリー担当、金森打撃担当、的場戦略担当に今岡二軍監督と実に5人もの腹心を外部から引き抜いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  3. 3

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  6. 6

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る