新生ロッテが快進撃3連勝 新コーチ5人引き抜きが奏功

公開日:  更新日:

 ロッテが3日のオリックス戦に勝って3連勝。井口資仁新監督(43)は試合後、七回に代打で同点タイムリーを放った平沢の殊勲打を「期待に応えてくれた」と喜んだ。

 ロッテは昨年、シーズン87敗を喫して最下位。辞任した伊東監督に代わって迎えられたリーグ最年少の青年監督は、大胆なチーム改革を施した。開幕の先発メンバーにドラフト2位の藤岡(トヨタ)、同4位の菅野(日立製作所)という新人を抜擢。ルーキーの同時開幕スタメンは、ロッテでは21年ぶりのことで、この2人がここまで打率.333、.400と好スタートを切り、チームに新風を吹き込んでいる。

 が、指揮官にとってそれ以上に心強いのが、脇を固めるコーチ陣の存在だろう。日米通算21年の現役生活で日本一にも世界一にもなった豊富な経験があるものの、指導者経験はゼロ。そこで、自ら組閣をし、交渉役まで買って出た末に鳥越ヘッド、清水将バッテリー担当、金森打撃担当、的場戦略担当に今岡二軍監督と実に5人もの腹心を外部から引き抜いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る