新生ロッテが快進撃3連勝 新コーチ5人引き抜きが奏功

公開日: 更新日:

 ロッテが3日のオリックス戦に勝って3連勝。井口資仁新監督(43)は試合後、七回に代打で同点タイムリーを放った平沢の殊勲打を「期待に応えてくれた」と喜んだ。

 ロッテは昨年、シーズン87敗を喫して最下位。辞任した伊東監督に代わって迎えられたリーグ最年少の青年監督は、大胆なチーム改革を施した。開幕の先発メンバーにドラフト2位の藤岡(トヨタ)、同4位の菅野(日立製作所)という新人を抜擢。ルーキーの同時開幕スタメンは、ロッテでは21年ぶりのことで、この2人がここまで打率.333、.400と好スタートを切り、チームに新風を吹き込んでいる。

 が、指揮官にとってそれ以上に心強いのが、脇を固めるコーチ陣の存在だろう。日米通算21年の現役生活で日本一にも世界一にもなった豊富な経験があるものの、指導者経験はゼロ。そこで、自ら組閣をし、交渉役まで買って出た末に鳥越ヘッド、清水将バッテリー担当、金森打撃担当、的場戦略担当に今岡二軍監督と実に5人もの腹心を外部から引き抜いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る