母も“天才” 全国運動会でナショナルチームのエース倒した

公開日:  更新日:

 張本の母も、天才と呼ばれた卓球少女だった。

 凌さん(45)は宇さんの3歳年下で、1973年1月8日、四川省重慶で生まれた。卓球を始めたのは小学1年生だが、中国ではこれでは遅いのだという。

「自分からではなく、卓球好きの体育の先生に勧められて卓球クラブを選びました。中国の卓球は日本の野球と同じくらい子供たちに人気があって、みんながやっていました」

 それほど熱心な子供ではなかったという凌さんだが、運動神経は抜群で吸収力もあった。

「反応が速いところ、すぐに覚えちゃうところは、息子に似ていたかもしれない(笑い)。それでも卓球選手になろうとは思っていませんでした。7歳で始めたのでは遅かったですから」

 12歳で四川省代表に選抜され、ジュニアでのナショナルチーム入りはかなわなかったものの、20歳の年に、宇さんと同じ四川省チームの一員として全国運動会に出場を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る