母も“天才” 全国運動会でナショナルチームのエース倒した

公開日:  更新日:

 張本の母も、天才と呼ばれた卓球少女だった。

 凌さん(45)は宇さんの3歳年下で、1973年1月8日、四川省重慶で生まれた。卓球を始めたのは小学1年生だが、中国ではこれでは遅いのだという。

「自分からではなく、卓球好きの体育の先生に勧められて卓球クラブを選びました。中国の卓球は日本の野球と同じくらい子供たちに人気があって、みんながやっていました」

 それほど熱心な子供ではなかったという凌さんだが、運動神経は抜群で吸収力もあった。

「反応が速いところ、すぐに覚えちゃうところは、息子に似ていたかもしれない(笑い)。それでも卓球選手になろうとは思っていませんでした。7歳で始めたのでは遅かったですから」

 12歳で四川省代表に選抜され、ジュニアでのナショナルチーム入りはかなわなかったものの、20歳の年に、宇さんと同じ四川省チームの一員として全国運動会に出場を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  9. 9

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る