母も“天才” 全国運動会でナショナルチームのエース倒した

公開日: 更新日:

 張本の母も、天才と呼ばれた卓球少女だった。

 凌さん(45)は宇さんの3歳年下で、1973年1月8日、四川省重慶で生まれた。卓球を始めたのは小学1年生だが、中国ではこれでは遅いのだという。

「自分からではなく、卓球好きの体育の先生に勧められて卓球クラブを選びました。中国の卓球は日本の野球と同じくらい子供たちに人気があって、みんながやっていました」

 それほど熱心な子供ではなかったという凌さんだが、運動神経は抜群で吸収力もあった。

「反応が速いところ、すぐに覚えちゃうところは、息子に似ていたかもしれない(笑い)。それでも卓球選手になろうとは思っていませんでした。7歳で始めたのでは遅かったですから」

 12歳で四川省代表に選抜され、ジュニアでのナショナルチーム入りはかなわなかったものの、20歳の年に、宇さんと同じ四川省チームの一員として全国運動会に出場を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る