元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

森岡亮太<上>「翔哉がいい流れもたらした。僕も学びたい」

公開日: 更新日:

 ハリル前監督から託された役割は、ゴールのお膳立てよりも得点だった。それは現所属先のアンデルレヒトと同じ。今季前半戦にプレーしていたベフェレンでは、ゲームメークなども求められていただけに、今回要求された役割に「違和感はなかった」という。

「精神的にもフレッシュだったし、チームとしての狙いもクリアになっていた。代表に適応できている手ごたえはありました。でも、ちょっとしたところでタイミングが合わないこともあり、攻撃の持ち味を出せなかったのが悔しいです」と苦渋の表情を浮かべる。

 1―1のドローに終わったことも不完全燃焼感をより色濃くした。

 森岡は「つぶせるところでつぶせなかったし、チームとしてやることが(監督の指示だったロングボール)一辺倒になった」と問題点をこう指摘する。

「監督の指示通りにやらなければいけない部分があるにしても、局面によって選手自身が判断するのは当然のこと。僕を含めて今の日本代表の選手は『どうしたらいいのだろうか?』とそれぞれのプレーを考え過ぎているのかな、と。ヘンに考え過ぎるサッカーはうまくいかない。日本人はよくも悪くも<考え過ぎる人種>ですが、それがプラスに働かない時もあります」と鋭く分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  4. 4

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  5. 5

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  6. 6

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  7. 7

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  8. 8

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  9. 9

    五輪開催「力強い支持」のマヤカシ G7首脳は塩対応だった

  10. 10

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

もっと見る