元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

森岡亮太<上>「翔哉がいい流れもたらした。僕も学びたい」

公開日:  更新日:

 MF香川真司(ドルトムント)とMF清武弘嗣(C大阪)の負傷もあって、3月のベルギー遠征(マリ、ウクライナ戦)で背番号10をまとったMF森岡亮太。ハリルホジッチ体制では初招集だった2017年11月の欧州遠征(ブラジル、ベルギー戦)に比べると守備意識や戦術理解は高まったが、得点に絡めなかったことで「結果を出したかった」と悔しがる。1月末にベルギーを代表する強豪に移籍した。リーグ終盤に存在感を示し、ロシアW杯メンバー入りを狙う技巧派を現地で直撃した。

 ◇  ◇  ◇

 マリ戦の攻撃陣は1トップにFW大迫勇也(ケルン)、右FWに久保裕也(ヘント)、左FWに宇佐美貴史(デュッセルドルフ)、そしてトップ下に森岡という組み合わせ。

「宇佐美とは初めてだったけど日本人同士は誰が出ても連係に問題ない。1月末に移籍したアンデルレヒトに合流した時よりも格段にやりやすかった」と森岡は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る